スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

省みる

2011.08.04 (Thu)

人が集まれば色んな意見や考え方があります。
私は今年、自治会役員をやって本当に色んな人と出会い、いろんな考え方を見聞きしました。
納得できることもあれば、当然できないことだってあります。
より良く変えていきたいという人もいれば、現状を維持しておきたいという人もいます。
どちらも間違いではなく、お互いが意見を交換し妥協点を見つければ済む話です。
でもどちらか片方が耳を閉ざしていたら、決して前には進みません。
人の意見を聞き、歩みよることは何よりも必要だと痛感しました。
中には口先だけで動かない人もいれば、言った事に責任を持ち率先して行動する人もいます。
それは実際に見ていれば分かることだと思います。
(実際、私は見ていて分かりました)
また、人の意見に耳を傾けるということは、自分自身のことを省みることにも繋がります。
一方向からしか見えてなかったことに気づくこともあるでしょう。
「省みる」ということはとても大事なことだと思います。

生活していく中で、しなければならない事はたくさんあります。
私自身時間がなくて、なかなか我が家のずにお構いしてあげれない時もあります。
でも1日の中で「あー…構ってCallの限界だな」と感じたら、自分のやっている事の手を止め、睡眠時間を削ってでもずに時間を作ります。
私にとって我が家のずは何よりも愛おしい存在だから。

あなたにとって大事なものはなんですか?
それが心にあり、それを守っていけるように、それぞれが頑張っていけたら良いですね。

スポンサーサイト
【編集】 |  16:10 |  人として  | コメント(0) | Top↑

応援してます、公園ねこサポーター制度

2011.04.08 (Fri)
今月の16日に「公園ねこの会」が開催されます。

これってどんな会なの?と思われた方、ぜひ下の画像をクリックしてください

item.jpg

サポーターになりたくても実際にお世話してるの自分だけだし…という方やTNRってどうすれば?と悩んでる方の為のネットワーク作りを目的とされているようです。

以前、『公園ねこ適正管理推進サポーター制度』の説明会で、「まだまだ未完の制度です。みなさんと共により良い制度へと変えていきましょう」と担当の方も仰っていました。
こういう会を発足させましょうという動きからも、実際に携わるボランティアの方々がこの制度にどれだけ期待しているかがよく分かります。
今現在、地域猫のお世話をされている方にすれば、もっともっとと思われる部分も多々あるかもしれません。
でも一足飛びになんでもかんでも制度へ組み込めるわけでもないと思いませんか?
まずは、最初の一歩を踏み出して欲しい。
不備を責めたてるのではなく、どうしたらその不備を相手に理解してもらい、変えていけるかを考えませんか?
実際にお世話される方々が一番大変であろうということは分かっています。
けれど、それを後方支援しようと頑張っている方も多くいらっしゃいます。
私は、日々お世話をされている方々が一番この制度をより良く変えていくことが出来ると思っています。
行政・サポーターの方・後方支援者それぞれが、そっぽを向くことなくひとつになって進んでいって欲しいと願っています。

最初の一歩。

そこから全てが始まっていくと思います。




【編集】 |  14:29 |  人として  | コメント(0) | Top↑

アクション!

2011.04.02 (Sat)
ヒプノで知り合った人が言っていましたが、春になると本当にいろんな人が湧きますね
寒い冬から暖かく過ごしやすい春になると頭に虫がはいるらしいです。
聞いた時はすごい比喩だなぁと思いましたが、最近「当たってるな~」と痛感しております

私は基本的に他力本願は好きではありません。
自分がなにかを為したいと思うなら、まず自分自身が動きます。
仕事でもプライベートでも同じだと思いますが、なにも動かず口だけの人について行く人はいません
自分自身が動き、ずっと継続していくことによって、共感したり賛同してくれる人が周りに集まってくるのではないでしょうか?
私自身なにをするにあたっても 『自分の出来ることを出来る範囲でやる』 というスタンスでいます(仕事はその限りじゃないですけど
これは係わってボランティアさんも同じですね。
それぞれが出来ることを無理のない範囲でやる。
そして、それぞれ自分が係わっていないところに口を挟むことはしません。
実際に自分が携わっていないことは分からないことが多いからです。

口を出すなら、手も出さないといけないと思います(逆に、手を出さない、自分自身が動かないというなら口を出すべきではありません)
現場には現場のやり方や考えがあります。
それを全く知らない人間がなにかを言うべきではありません。 
そんな人間はきっと現場の人には受け入れてもらえないでしょう。
それに気づかず子供のように喚くのはとても見苦しいと思います。
認めて欲しいと真に思うなら、まずはアクション!
そうして信頼を得ていかなければならないと思いますよ。


パワーストーンのちょっと怖い体験が。。。
知りたい人は「続き」をクリック


【編集】 |  10:30 |  人として  | コメント(0) | Top↑

マナーって大切

2011.03.31 (Thu)
最近しみじみと『マナーって大切』だなぁって思います。
私自身、子猫を保護して里親募集をしたり、ボランティアにも多少携わっているので色んな方からメールやご連絡を頂きます。
そんな中、時々「Σ( ゚Д゚)ハァ?!」と常識を疑いたくなるようなメールを見ることがあります。

みなさん、お友達に電話する時、名前も名乗らずいきなり用件を話しますか?
掛けられた方はビックリしますよね
中には「着信見たら誰からか分かるもん」という方もいらっしゃるかもしれません。
では、全くの見ず知らずの相手だったらどうですか?
例え電話に出たとしても、「失礼な人」という印象を持ちませんか?

私は電話もメールも同じだと思っています。
なぜなら、どちらも自分の気持ちや考えを相手に伝えるものだからです。
本当に自分の言葉に耳を傾けて欲しいなら、まずは最低限のマナーを守りましょう。
でなければ、誰もあなたの言葉に共感する人はいないでしょう。
初めて会った人に自己紹介するのと同じです。
せっかく自分からアクションを起こすなら相手に良い印象を持たれるよう、また自分の言葉に賛同してもらえるよう努力した方が良いと思いますよ。

ネットは情報が氾濫しています。
一方向からのみ見るのではなく、多面的に情報を集め、検証し、判断されることを望んでいます。
人の言葉や書かれた文字には発した人の感情が入っています。
その人が悪感情を持っていたなら、それは読み手である人へと移っていきます。
またとても幸せな感情を持っていたなら、穏やかな感情がその人の周りに流れていくでしょう。
マイナスの感情からは真実を読み取ることは難しいと私自身は思ってます。
その人が、「そんな意味じゃなかった」と言えばどうしますか?
裏切られた気持ちになりませんか?

自分から見たら真実に見えても、他の人から見たら虚偽かもしれません。
言葉や文字だけでは分からないことはたくさんあります。
どうぞ心ある方が確たる証もない言葉に踊らされないよう、願うばかりです。

【編集】 |  11:36 |  人として  | コメント(0) | Top↑

公園ねこ適正管理推進サポーター制度

2011.03.26 (Sat)
先日、「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」の説明会に行ってきました。
本当は記事にするつもりはなかったんですが、昨日たまたま見たBlogで「( ゚Д゚)ハァ?」という内容が書かれていたので…
検索を使われる方に少しでも正しい情報をと思い、この記事UPします。

・公園ねこ適正管理推進サポーター制度ってなぁに?
これは、大阪市営の都市公園内に生息する野良猫(以下、公園ねこ)の繁殖や公園ねこを巡るトラブルを防止する為の市民協働活動です。

・市民協働活動ってなにするの?
公園ねこの避妊去勢、餌や糞の始末、周辺清掃、周囲への動物愛護の啓蒙など。

・活動するにあたって資格はいる?
2名以上1グループとして市に申請します。
その後、研修、認定の審査後認定されればサポーターとして活動できます。
但し、「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」ですので毎日同じ時間に該当公園へ行ける人でなければなりません
当然ですよね。
毎日様子を見に行けなければ、どんな子がいるのか、今どういう状況なのか分かりませんから

・公園ならどこでもこの制度が適用されるの?
いいえ。
これは現在開設されている大阪市営の都市公園のみです。
昨日見たBlogでは「町中の小さな公園にも適用されます」などと書かれていましたが、それでは誤解を招きますね。
もしご自分が係わっている公園が都市公園なのか分からなければ市役所などに問い合わせてください。
また今現在、公園内にねこが生息していない場合は適用されません。

・TNRするには?
もし捨て猫を見つけてTNRする時は事前に公園事務所へ申請しなければなりません。
但し、捕獲がすんなりいかない場合もありますから、最長半年の期間で申請可能です。
そしてここが凄いなぁと思ったのですが、獣医師会の協力を得て避妊去勢は5,000円の負担のみでして頂けるそうです。(後の差額は市が負担)
また搬送など市役所の方が手伝っていただけるそうです。
かなり考えてくれてますね。
助成金とは違うから「やりました」っていう領収書の提出も不要だし、それの確認の手間も省けるし。
合理的ですよね。

説明会では、色々と実施していきながらより良く制度を変えていきたいという言葉もありました。
途中でポシャらないように、活動できる方には是非頑張って欲しいと思います。

最後になりましたが、ネットは確かに便利なツールだとは思います。
けれどそこに何かを発信するということは多くの人の目に触れさせるということです。
勘違いをさせるようなことを書くのは控えた方が良いかと思います。
読まれる方も、真実なのかどうか自分で調べ、安易に鵜呑みにされないよう心掛けてほしいと願っています。
人を呪わば穴二つ。
ご自分を貶めることのないようにと祈るばかりです。

【編集】 |  20:52 |  人として  | コメント(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。