スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

とろとろ石鹸

2012.11.21 (Wed)
たま~に解析見ると「とろとろ石鹸」関係で来られてる方が多いので、ちょびっと書いておこうと思います。
一時期はとろとろ石鹸を作って食器洗いをしてたんだけど、今は普通の固形石鹸を使って洗ってます
洗い上がりも汚れ落ちもとろとろ石鹸と変わりはないし、なによりも作る手間がないです(笑)
あれって作る時にマスクしてないと咳き込むんですよね
なかなかコレっていう自分の配合にも出会えなかったのでサッパリと諦めて固形に変更しました。
今現在でも続けてるのは、
・重曹洗濯
・石鹸での食器洗い
・クエン酸での追い炊きパイプ洗浄
・重曹水での簡単お掃除

このくらいかな?

石鹸で食器を洗っているとシンクがか~な~り~曇ります(w
その時はシンクを重曹で洗うと(普通の粉石けんみたいに)ピッカピカになります。
重曹だけならペットや小さい子にも安全ですからね~。
それでも頑固な汚れがある場合はシンクに重層を撒いておいてスポンジに石鹸をつけて洗います。
まぁ簡易クレンザーみたいなもんですね
大概のものはコレで落ちます。
ピッカピカになりますから一度お試しくださいねー。

スポンサーサイト
【編集】 |  14:53 |  とろとろ石鹸  | コメント(0) | Top↑

とろとろ石鹸NEW Ver.

2006.08.19 (Sat)
とろとろ石鹸だけど、やっぱり夏場は匂いもキツく感じるので、今回新たにアレンジしてみました

最初作った時はベーキングソーダを粉石鹸と一緒に混ぜてしまったのでめちゃくちゃ分離するし、しゃぽしゃぽでスポンジを通過&泡も立たない
その後いつもの倍の濃さでとろとろ石鹸を足すものの...うぅ~む、だったのでもう一度作り直しました。
今回のは、まぁまぁなので割合を書いておきます。
とろとろ石鹸愛用の方やビギナーさんの参考になればなぁってことで (^^;ゞ

1.ぬるま湯1リットルに大さじ1のベーキングソーダを入れ、ちゃんと溶けるまで撹拌する

2.ボウルに大さじ3の粉石鹸を入れ、1.のベーキングソーダ水+600mlの水を入れ泡立て器で撹拌する

コレで出来上がり~
ベーキングソーダを入れることで匂いも緩和されるし、洗った後の食器がツルピカ
中々の仕上がりに満足度100%でした
夏のとろとろ石鹸の匂いが気になる方は是非お試しアレvvvvv



さて、珍しくちゅぐがキャットタワーに、、、、と思ったら何かを発見!
蒼空を無視して現場へ直行ッス!





【編集】 |  19:27 |  とろとろ石鹸  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

換気扇のファン掃除

2006.07.09 (Sun)
お休みの日は必ずと言ってイイほど何処かお掃除。。。
んで、今回は換気扇を綺麗に~。
前に掃除してからそろそろ2ヶ月くらい? う~~~ん、、、油汚れが怖いなぁ

毎回如何に楽に綺麗に出来るか考えながらの試行錯誤(笑)
今回は結構上手くいったのでやり方を紹介~

1. ボウルにとろとろ石鹸+重曹(ベーキングソーダ)+水を加えてハンドミキサーで一気に泡立る。
2. クリーミィに泡立ったらファンを漬け込むようにして全体に泡を馴染ませる。
3. 少し泡が落ち着くまで(3分の1減るまでかな?)放置。
4. ハブラシでボウルに残った泡を掬いコシコシと洗う。
5. 泡に油汚れの茶色いモノが混ざってきます。
6. 指で触ってベタつきが無くなるまで1~4を繰り返します。

前回からそんな長く放置してなかったのか、それとも前にめっちゃ頑張った成果か今回は3回くらい洗ったらキレイになりました
換気扇のファン部分ってホント油汚れ落ちにくくてヤですよね~。
ぜひぜひ一度お試しあれ


PICT1247.jpg

【編集】 |  17:17 |  とろとろ石鹸  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

とろとろ石鹸・その後 2

2006.06.30 (Fri)
どうしても石鹸を使うとキッチンシンクが曇ります。
多分石鹸カスが付着するせいかなぁ?って思うんだけど、やっぱりピカピカのほぉが嬉しいですよね。
なので我が家では簡単掃除をしています。
今回はその方法をご紹介


1.水桶にとろとろ石鹸を適当に出します。


2.重曹(ベーキングソーダ)をそこに混ぜます。


3.スポンジで適当に混ぜてシンク周りを洗います。


4.石鹸カスが付いてると洗ってる時に抵抗感があるので、ソレが無くなるまで洗ってくださいネ


5.後は洗い流すだけです。我が家では洗面器にぬるま湯を入れてスポンジで洗い流してます。


ベーキングソーダには研磨効果があるので、ピッカピカになります。
またベーキングソーダだけでは石鹸カスを落す力がないので、石鹸に混ぜて使用することをお勧めしますv
【編集】 |  20:38 |  とろとろ石鹸  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

とろとろ石鹸・その後

2006.06.30 (Fri)
最初は一生懸命ココアを作る如く捏ねてこねて、で作ってたとろとろ石鹸ですが、この頃は電動泡だて器で一気に混ぜてます。
出来栄えは手で丁寧にしてた時とそう大差はありません(笑)
何より作るのに手間と時間がかからないのが、めっちゃ楽です!
やっぱり続けるには手軽さがナイとですよね♪

で、我が家で落ち着いたとろとろ石鹸の分量です。


粉石鹸 : 大さじ1  ぬるま湯 : 650~700ml


コレを清涼飲料水1.8ℓの容器に作り置きしています。
とろとろ石鹸は粘りがでるのでジョイとかの容器を廃品利用できない (T^T)
なので我が家は100均でドレッシング容器を購入して使ってます。
容器が塩化ビニール製なのでむにゅっと押しやすく、口も自分好みの太さに切れるのでオススメ。

そうそう、ナチュロンスポンジの感想です。
泡立ちも◎だし、ヘタレもまだない(かな?)ですが、やっぱり使ってたらそれなりに使用感がありますよね。
よく感想で1年とか2年とか書いてるけど、そこまで持つかなぁ、、、ってのが正直な感想かな?
まぁ使用感を気にしないで、泡立ちだけ重視するならいけるかもですが(笑)
【編集】 |  20:37 |  とろとろ石鹸  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。